そんなことにならないためにも、しっかりとした予防対策が必要です

まず、最も予防対策として効果が高いのがワクチンの接種です。予防接種を受けておくだけで、感染のリスクを大幅に下げることができます。ワクチンを接種しておけば、一般的には接種後2週間で効果が現れるとされています。その後は約5ヶ月間、ワクチンの効果を持続させることができるので、ウイルスが広まりやすい冬の時期になる前に接種しておくことが大切です。さらに、予防接種以外でも日常生活において、日々気をつけておくだけで感染を防ぐことができます。まず一つ目の方法は、外出後は必ず手洗いとうがいを行なうことです。ウイルスの感染ルートの多くは、喉や鼻からです。また、手に付いたウイルスが喉や鼻から入ってしまうことも多いため、外から帰って来た時は必ず清潔にします。そうすることで、あらゆる病気を予防することが可能です。次に二つ目の方法は、マスクの着用です。上述したように、ウイルスは喉や鼻から入ってきます。加えて、人の咳やくしゃみ、つばなどと共にウイルスが放出されます。ゆえに、外出時や繁華街など人が多い場所に出掛ける時にはマスクを着用することで、これらの感染を防ぐことができるのです。最後の方法は、室内では加湿器などを設置して、乾燥を防ぐことです。乾燥した空気の中では、ウイルスが繁殖しやすいです。ゆえに、加湿器を使って適度な湿度を保つことで、ウイルスの繁殖や感染を防ぐことができます。

none